抜群の人気を誇るリンベルのカタログギフトのガイドサイト

本格的なギフトが必要なら、リンベル ビオラがおすすめ

by top100

カタログギフトの価格帯って、これでいいのかな?と
悩んでしまいますよね。
あまり安いと思われたくない、でもそんなには出せない。
そんな方におススメのカタログギフトがビオラです。

ちょっと他のカタログギフトに比べると高くなってきますが、
選んで恥ずかしい思いは一切しないこと請け合いです。
リンベルのビオラのいいところはデザイン性に優れた雑貨が多い!ところ。

私の注目は、ラッシュのバスセットです。
つい食べてしまいそうな、フルーツやスイーツをイメージした
バスボムがとってもかわいい!(*^_^*)
また名前がとっても変かわいいのです。
召しませバニラ、セクシーダイナマイト、ブラジル娘の唄、ハッピーヒッピーなど。
ちょっとくすっと笑ってしまうかわいいバスセットです。

そして出てきました、アディダスのスニーカー。
そしてナイキのダッフルバッグ。
ここは定番商品として外せません。

またリンベルのビオラならではの体験型ギフトがヘアサロンご招待券です。
スカルプケアに頭皮診断、シャンプーまでついています。
頭の上が気になってきたお父さんには、うれしい贈り物かも?しれません。

またちょっとあると便利なのが、シートマッサージャーです。
普段使いのイスにシートマッサージャーをプラスすれば、
いつものイスがマッサージャーに早変わり?
ただし、ちょっと幅広タイプのイスじゃないと、
気持ち良くて落っこちちゃうかもしれませんね(^^ゞ


カタログギフトの人気の秘密

by top100

東京は都知事選で盛り上がっているようですね。

舛添さんが一歩リードとのことですが、

投票先を決めかねている不動表層が一番多いのだそうですから

まだまだ帰趨は分かりません。
さて、カタログギフト をもらったら、まずグルメページを一通り見るという人が沢山いるようです。
テレビ番組でも、全国各地のグルメや、世界のグルメを紹介するものが人気です。
美味しそうに食べるタレントや俳優を、上手に起用していますね。
視聴者は、指をくわえて見ているだけでしたが、
カタログギフトに、こうした番組やマスコミで取り上げたグルメを掲載するようになりました。
名店グルメやご当地グルメ、世界のグルメなどです。
中でも、リンベルのグルメ商材が最も充実しています。
「なだ万」「たん熊」などの有名料亭、「銀座スエヒロ」などの高級レストラン、
「聘珍樓」などの一流中華がズラリ!
壮観ですね。

 


カタログギフトで選ぶ楽しみ

by top100

結婚式の引き出物なんかでいただくカタログギフト。
カタログをパラパラとめくって、めぼしいものを探すひとときは、
本当に幸せですよね~

カタログギフトで何をもらうのかを決定するのに、
私は結構時間をかけるほうです。

交換期限がすぎてしまわないように要注意なのですが、
期間ギリギリまで熟考する事が多いです。

それで、大抵、一番初めに決めていたものと異なる商品を
注文することになるんですよね。

一番初めに読むときは、目ぼしい商品がいくつかあります。
いつも、欲しいものがいくつかあるっていうのは、
カタログに掲載されている商品の選び方が上手なんでしょうね。

そして候補に上がったもののなかから、じっくり検討します。
この、”迷う”という時間も楽しいんですよね。
決められなくて困っちゃうのですが、
もともとタダでもらえるとわかっているものなので、
苦ではありません。

そういう仕掛け作りなんかも、本当は難しいんでしょうね。
人の趣向はバラバラですから、誰でも大抵いくつかは欲しいものがある。
というのはすごいことです。


たまりすぎのカタログ

by top100

この間友人宅に遊びに行ったら、
リビングに数冊のカタログギフトが積み重ねられていました。

「これ一体どうしたの?」と質問したところ、
「最近結婚式続きでたまっちゃったんだよね」との返答。

そういえばここ最近友人は結婚式にお呼ばれされまくっていました。

カタログギフトって見るのも選ぶのも楽しいけれど、
これだけあるとちょっと大変かもしれないなと思いましたよ。
期限もありますからね。

友人はとりあえずひとつのカタログからネイルケアセットを注文するのは決まっているそうです。

後は冠婚葬祭で使える黒いバッグも良いななんて言ってましたね。
確かにああいうのって自分ではなかなか購入しないし、
ひとつ持っていると便利かもしれません。

良い品が多くて好きなものが選べるというのがカタログの魅力ですが、
それが逆にちょっと大変になる事もあるんだなと知りました。

サクサク選んじゃえばたまる事も無いんだろうけど、
やっぱりじっくり吟味したいですもんね。


相手が喜ぶ贈り物 カタログギフト

by top100

誰かに何かを贈るのってとても楽しい事ですよね。

相手がどんな反応をするかとか、
どんな顔をして喜んでくれるかな?とか、
自己満足と言われたらそれまでですが…
想像してプレゼントを選んだりしている時は本当に幸せです。

しかし逆にそのプレゼント選びに苦戦する事もありますよね。

例えば長い付き合いの友人や恋人などに贈り物をする時、
これまでにも何回、何十回とプレゼントを渡しているので、
もうネタ切れ…という状態になってしまう事もあります。
そして結局毎回同じようなプレゼントになってしまったり。

貰う側のほとんどの人は「その気持ちだけで嬉しい」
と思ってくれると思いますが、
贈る側としては少しもやもやしてしまう事もあるでしょう。

もっと良いのがあったんじゃないか?
こっちの方が喜ばれたんじゃないか?と。

最近そういう気持ちになる事が多いなあと感じているならば、
カタログギフトをプレゼントしてみてはいかがですか?

カタログギフトの中から好きなものを選ぶ事が出来るので、
結果的にその人が今一番欲しいものをあげる事が出来ます。

また、色々な用途に使用する事が出来るので大変便利です。
このブログでも色々調べていこうと思います。


入学祝いでありがちな、あるある

by top100

入学祝いで筆箱をいくつももらったり、ランドセルを二つももらったり、
このお金があったら・・・と、つい思ってしまうようなことって
ありませんか?

実際に私の友人で、入学祝いとして勉強机が二つも届いてしまったと
途方に暮れている子がいたりします。
入学祝いってやっぱりランドセルと勉強机、文房具というイメージに
なってしまいがちなのかもしれません。
このような場合、新学期に必要なものはご家族内でそろえていただくとして、
ちょっとした贈り物に最適なカタログギフトなんかに抑えておいたほうが
もしかするとよいのかもしれません。

そういえば自分の入学祝いって、何をもらったのかな?と
思い出しているのですが、今はもうさっぱり思い出せません。

子どもの頃ってそんなものですよね。
ランドセルもどんなものを使っていたのか・・・。
何歳からランドセルを使わなくなったのか・・・。

覚えているものといえば、友達が自慢げにしていた最新式の筆箱くらいなもの。
昔の筆箱って、今考えるとかなりアートなものが多かった気がします。
私がうらやましかったのは、ボタンを押すとふたが開いたり、
いろいろな文房具が飛び出してくる筆箱でしたが。
今もまだ、あるのでしょうか?

もしあるのであれば、そういうものも入学祝いとしては、
とても喜ばれるのかもしれません。
ただ考えることは皆同じということもありますので、
はやりものをプレゼントすると、大体かぶってしまったりもしますが。

 

 


案外手間がかかるもの?

by top100

多人数に贈るために簡単な贈り物を考えようと思った場合には、万人受けするものを選んだりするのもそうですが、カタログギフトを利用しようと思う人も少なくないようです。

ですが実際にそれらを利用してみた人はどうでしょうか?

そのカタログギフトを贈るという事は、本当にただ手軽なものだったのでようか。

実際適当にカタログを選んで送ってしまえばそれまでですし、案外簡単なものかもしれません。

ですがどういうカタログであれば相手に喜ばれるのかなど、そういった事をしっかりと考えていくとなると、手間も結構かかったりするものです。

ですからただ一言に、手間のかからない簡単なものともいえません。


何かしらの祝い事

by top100

「こういった時に何を贈れば良いの?」突然の祝い事などで何かを贈らなければならないという状況で、いざ何を贈ったらいいのかも分からないし周りと被るようなものも贈れないしと色々悩んだ事はありませんか?
案外贈り物というのは、贈る側も気を遣うものだと思います。

そういった場合に利用できるものの一つが、「カタログギフト」では無いでしょうか。

相手にカタログの中から好きなものを選んでもらうことが出来るので、そういった急ぎの時や悩んだ時には結構使えるものではないでしょうか。

もちろんカタログを選ぶ際の注意点などは色々あると思いますが、突然の祝い事などにはお勧めかもしれません


枝雀さんの「うなぎや」

by top100

枝雀さんの「うなぎや」
「さ、そうでしょ。ですから、これはひっついていなければならないと思いましてね、
一あなたがおこしになるんなら私も一緒にお供しましょう」ったら、「そうですか。す
ーまないね、言いよってね、どんどんどんどん歩いて玉造まで行て、一軒の家ガラ
ガラっと開けたら、さあー徳さんのおっさんらしい人が出てまいりました。よく似た
人でしたけとねえ、一あのー実はこうこうこうこうこうで一いったら、「あーそうか。そ
う、そういことか。わかった、わかったありがとう一言って、「さよなら一言ってガラガ
ラっと閉めてね。「ありがとう。これで玉造のおっさんとこ、用事は済んだわい」言
うて、どんとんどんどんどんどんどんどん西へ西へ歩いて、さあ、堺筋まで出てきた
んで南へ折れよるかいなと思ったら、南へ折れよれへんねで。まだどんどんどんどん
西へ西へ歩きよんねん。おーかしいなと思って、「おおおお徳さん、道頓堀行くのち
ゃうのんかい一言うたら、「いやいや、いずれ道頓堀へ行くねけどね、今、ふっと松
島のおぱさんところへね、用事があるのちょっと思い出して、僕はそこへ行くのやけ
ど、君はどうする一とこう言うねんね」
「ほうほうほう」


命名札を贈らない理由って?

by top100

普通であれば、出産内祝に命名札を入れたものと何か一つ品を贈ったりするのですが、最近はその命名札を贈らないという人も居るようです。
どうしても、こういった名前の書いてあるようなものは捨てにくくなってしまい、名前を覚えてからもズルズルと持ち続けてしまって、結局処分に困るという人も居るからだそうです。
実際自分がそういう経験をしていると、あまり人に贈ることがなくなってしまうようですが、実際今でもその命名札を贈っている人はもちろん居るので、人によっては「普通は入れるものだから」と考える場合もあるようです。
もしも処分に困るのではないかと思うのでしたらのしや、カードなどに書いても良いでしょうし、ちゃんと相手に名前を贈るという事に関しては、命名札の作成をお勧めします。